Entries

◆日銀決定会合後の短期的(1~2週間)な相場の見方

昨日の日銀の決定会合は、事前のコンセンサス通り追加緩和は見送られた。
コンセンサス通りにも関わらず、その後のマーケットはドル円の売りで反応し、スペイン国債利回り上昇も相まって大きなリスクオフマーケットとなってしまった。
巷では「え、日銀への期待はこんなに大きかったの?」という反応が多いようだが、決定会合の中身を良く見ると、ネガティブ方向のサプライズがあったと個人的には考えている。

とはいえ、今月24日にはFOMC、27日には展望リポートの変更を伴う決定会合と、状況を一変でき得るイベントが控えているので、その後の相場を見通すのは今の時点では困難だろう。

昨日の決定会合のネガティブ方向のサプライズやそれを踏まえての短期ビューに関して有料レポートで配信します。

================================
よりマーケットに近い情報を有料(30日で315円)で配信しています。
詳しくはこちらを参照して下さい。

Use trackback on this entry.
http://globalmacro.blog.fc2.com/tb.php/95-877b968f

Trackbacks

[T1] まとめteみた.【◆日銀決定会合後の短期的(1〜2週間)な相場の見方】

昨日の日銀の決定会合は、事前のコンセンサス通り追加緩和は見送られた。コンセンサス通りにも関わらず、その後のマーケットはドル円の売りで反応し、スペイン国債利回り上昇も相ま...

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.