Entries

ドル円の上昇が行き過ぎていることを論じてみる

最初に断わっておくと、今回書く内容はある一つの側面からの論理であることをご注意頂きたい。僕の相場観を踏まえて書く内容ではなくマーケットのデータから言えることを論じるつもりです。

では本題に入ろう。
今回はドルの3mLiborのフォワードレートを使ってマーケットが過熱気味であることを論じていく。
3mLibor、フォワードレート、そしてFFレートという聞きなれない言葉が出てくるので、先にこれらの説明からする(すでに意味を知っている方は飛ばして問題ない)。

3mLibor:銀行間でお金の貸し借りをするときに使われるレート。3mとは3monthのことなので3ヶ月間の金利を示している。
身近な例をあげると、三菱東京UFJ銀行が三井住友銀行から3ヶ月間お金を借りるときの金利である。(なぜ銀行同士でお金の貸し借りをするのかは今回の内容に関係ないので説明は省く。)

フォワードレート:現在のレートから導き出される将来のレート。3mLiborとは(厳密には今日ではないが)今日から3ヶ月間のレートである。フォワードレートとは、例えば1年後から3ヶ月間のレートということになる。
フォワードレートの計算方法も気になる人は独自に勉強していただきたいと思うが、これが何を意味しているのかというと、理論値を表している。理論値とは適正な水準というわけではなく、今現在のマーケットの数字から算出される将来の値ということであり、マーケット参加者の予測値みたいなものである。

FFレート:これは日本でいう政策金利である。アメリカの銀行がFRBからお金を借りる時の金利である。FOMCで決定されるレートで現状は0-0.25%のレンジとなっている。FFレートはオーバーナイトと言って1日借りる時のレートである。3mLiborは3ヶ月間の金利だったがFFレートは1日間のレートである。


3mLiborはFFレートに比べて期間も長い上に、FRBよりも一般の銀行の方が信用力は低いのでFFレートよりも金利が高くなる。しかし、共に期間の短い金利なので、3mLiborはFFレートの動きに左右される特徴を持つ。

では、ここで3mLiborとFFレートのスプレッドの推移を見てみよう。


(出所)Bloombergより筆者作成

チャートが上にとんでいるのは、リーマンショックでクレジットクランチが起こった時である。リーマンブラザーズが潰れて次はどこの銀行が逝くんだ?とマーケットの不安が最高潮に達したので銀行間で貸し借りする金利が急騰してしまった。

クレジットクランチ時を除けば3mLiborとFFレートのスプレッドは0.5%であることがわかる。

続いて、今現在の3mLiborのフォワードレートを見てみよう。
チャートは用意してないが数値は以下の通りである。

2014年6月からの3mLibor:1.0638%
2014年12月からの3mLibor:1.3589%

2014年後半というのはFedの時間軸の期限である。
フォワードレートはマーケットの予測値であるので、今のマーケットは2014年後半の3mLiborは1%を超えていると予測していることになる。

そこで先ほどのスプレッドを思い出してほしい。
3mLiborとFFレートの最大スプレッドは0.5%である。つまり3mLiborのフォワードレートから0.5%を引けば、マーケットが予測している将来のFFレートが算出できるわけだ。

この考えから計算すると、マーケットの予測では将来のFFレートは以下の通りである。

2014年6月:1.0638%-0.5%=0.5635%
2014年12月:1.3589%-0.5=0.8589%

つまり今のマーケットは2014年6月の時点でFedが25bpの利上げを実施、2014年12月には60bp程度の利上げを織り込んでしまっている。

ここで、昨日のバーナンキ議長のコメントを紹介しよう。
「(米経済の)成長は苛立たしいほど緩慢」

バーナンキ議長は2014年後半までの実質ゼロ金利に強くコミットしている。

今のマーケットの利上げ織り込み具合は完全に行き過ぎていると考えるのが普通である。
短期金利が修正されれば必然的にドル円の水準も調整されるだろう。


もしくは、バーナンキの言っている事を信じないという選択を取るか・・・


================================
よりマーケットに近い情報を有料(30日で315円)で配信しています。
詳しくはこちらを参照して下さい。

.
Use trackback on this entry.
http://globalmacro.blog.fc2.com/tb.php/79-102e7241

Trackbacks

Comments

[C30] Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
  • 2014-07-01 06:11
  • Edit

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.