Entries

FRBと日銀の差

昨日、日銀の政策決定会合とFEBのFOMC(日本の政策決定会合にあたる)が開催された。
日銀の政策決定会合のステートメントは通常お昼頃に発表されるが、昨日は14時前といつもより大分遅れた。ステートメントの発表が遅れる時は何かしらの政策変更が実施されることが多いが、昨日に限っては主な金融政策の変更はなかった。発表の遅れがマーケットの期待を煽っただけに、発表後の失望売りは凄まじかった。

一方、FRBのFOMCでは予想通り金融政策の変更はなかったが、予想以上にステートメントがタカ派的だった。

日銀はよくFRBの後追いだだとか、FRBに比べて政策運営手腕が乏しいと批判される。
しかし2月に開催された日銀の政策決定会合ではマーケットの予想を裏切り追加緩和を実施し、その批判を一部払拭する印象をマーケットに与えることに成功した。
その分、今回の政策決定会合にはいつも以上の注目が集まっていた。

しかし個人的見解だが、今回の日銀政策決定会合とFOMCを比べて、日銀とFRBの差を感じてまった。

結果的に日銀は昨日、政策の大きな変更を行わなかったわけだが、現状で行える策としては、買入基金の増額と買入る国債の年限長期化が考えられる。たしかに2ヶ月連続かつ為替や株が日本にとってフェイバーな方向に動いてるタイミングなのであえて追加緩和を打ち出す必要はないのだが、マーケットへの強い意志表示を示すためには、せめて年限の長期化を昨日の会合で打ち出してもよかったのではないだろうか。

以下は、日銀が保有している国債の内訳である。
(マニュアルでの統計なので2年債と5年債しか集計していない。FRBのHPでは保有割合も記載されているが、日銀のHPでは保有額しか記載されていないので手計算で割合出す必要があるので、時間の関係上名銘柄数の多い10年債以降は省いた、あしからず。このあたりも日銀とFRBの差かもしれない…)

JGB 回号 残存年数 発行額 日銀保有額 日銀保有割合
2年債 290 0.0 26,388 6,742 26%
5年債 63 0.0 72,148 3,763 5%
2年債 291 0.1 26,230 9,276 35%
2年債 292 0.2 26,204 5,205 20%
2年債 293 0.3 26,444 4,297 16%
5年債 64 0.3 44,813 3,715 8%
5年債 65 0.3 22,612 3,123 14%
2年債 294 0.3 27,725 5,433 20%
2年債 295 0.4 27,575 4,109 15%
2年債 296 0.5 27,550 6,696 24%
5年債 66 0.5 43,950 12,399 28%
5年債 67 0.5 23,607 4,086 17%
2年債 297 0.6 29,672 5,376 18%
2年債 298 0.7 28,254 2,556 9%
2年債 299 0.8 26,228 595 2%
5年債 68 0.8 21,761 2,988 14%
5年債 69 0.8 44,254 7,171 16%
2年債 300 0.8 29,676 12,714 43%
2年債 301 0.9 25,989 2,109 8%
2年債 302 1.0 27,148 4,235 16%
5年債 70 1.0 40,275 11,806 29%
5年債 71 1.0 21,052 1,906 9%
2年債 303 1.1 29,479 910 3%
2年債 304 1.2 29,495 1,547 5%
2年債 305 1.3 29,464 958 3%
5年債 72 1.3 21,487 4,106 19%
5年債 73 1.3 21,288 4,365 21%
5年債 74 1.3 20,503 3,926 19%
2年債 306 1.3 25,995 1,100 4%
2年債 307 1.4 29,835 3,964 13%
2年債 308 1.5 25,993 4,269 16%
5年債 75 1.5 19,949 3,860 19%
5年債 76 1.5 21,182 3,550 17%
5年債 77 1.5 21,039 3,196 15%
2年債 309 1.6 28,468 7,722 27%
2年債 310 1.7 29,523 3,309 11%
2年債 311 1.8 27,800 2,190 8%
5年債 78 1.8 19,152 3,429 18%
5年債 79 1.8 23,123 1,162 5%
5年債 80 1.8 20,152 4,086 20%
2年債 312 1.8 26,990 3,849 14%
2年債 313 1.9 29,705 3,849 13%
2年債 314 2.0 26,991 0 0%
5年債 81 2.0 43,572 1,164 3%
5年債 82 2.0 20,239 949 5%
5年債 83 2.3 22,342 4,134 19%
5年債 84 2.3 53,105 18,853 36%
5年債 85 2.5 53,997 3,881 7%
5年債 86 2.5 23,138 0 0%
5年債 87 2.8 77,259 5,841 8%
5年債 88 3.0 77,075 5,874 8%
5年債 89 3.3 49,694 27 0%
5年債 90 3.3 27,551 82 0%
5年債 91 3.5 23,995 417 2%
5年債 92 3.5 48,196 4,909 10%
5年債 93 3.8 51,793 0 0%
5年債 94 3.8 23,994 0 0%
5年債 95 4.0 24,207 0 0%
5年債 96 4.0 48,124 344 1%
5年債 97 4.3 51,555 1,148 2%
5年債 98 4.3 23,992 0 0%
5年債 99 4.5 50,597 0 0%
5年債 100 4.5 27,304 0 0%
5年債 101 4.8 28,533 0 0%
5年債 102 4.8 54,236 0 0%
5年債 103 5.0 24,991 0 0%
(出所)財務相、日本銀行より筆者作成

日銀は、1つの銘柄で35%を越える保有を禁止している。
これを見ればわかるとおり残存2年をきっている銘柄は既に日銀は多く保有している。一方、2年以上の銘柄の保有割合は少ないことがわかる。

ここから明らかなように、年限の長期化はいずれやらなければいけない政策なのである。
おそらく4月の会合で実施されると思うが、4月に年限の長期化をやってもマーケットのインパクトは少ないだろう。マーケットへの意思表示を示すとしたら、昨日の会合でやる必要があったと僕は考えている。

また、結果論だが、FOMCではマーケットの予想を超えるタカ派なステートメントを出してFRBはマーケットを十分にコントロールしているように見える。FRBと日銀を比べると、日銀の政策手腕はやはり見劣りせざるを得ない。

昨日のFOMCについての具体的な考察やFRBの政策手腕の上手さについてはマーケットビューに大きく関わってくるので、有料レポートで解説しようと思う。

================================
よりマーケットに近い情報を有料(30日で315円)で配信しています。
詳しくはこちらを参照して下さい。


Use trackback on this entry.
http://globalmacro.blog.fc2.com/tb.php/78-819be639

Trackbacks

Comments

[C29] Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
  • 2014-07-01 06:10
  • Edit

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.