Entries

太平洋戦争時の日本と今の日本

最近改めて日本の戦争の歴史を振り返る機会があった。
現代の教育では、日本の戦争の歴史は負の遺産のような扱われ方をしているように思えるし、あの時の日本は狂っていたと感じられる。
たしかに、敗戦濃厚の中、中高生など若い命を「神風特攻隊」と称して敵船に突っ込む行為などは正に狂気としか言いようがない(特攻隊のほぼ全ての飛行機は、敵船に当たることなく海に落ちるか、空中で迎撃されていた)。

戦争での死者は靖国神社で奉られることになっており、当時は天皇と同じ靖国に奉られることはとても名誉なことだと言われ、戦争で命を落とすことはお国のための最大限の貢献と信じられていた(当時の人が本当に信じていたかどうかは不明だし、おそらく無理やり信じこむしかなかったのだろう)。

敵(米軍)からしてみたら、日本の民間人、しかも子供までもが戦場の前線て戦っている
事実に衝撃を受けたに違いない。日本は狂っていると思ったに違いない。

こういった事実は明らかに不自然で当時の日本がいかに狂気の状態であったかがよくわかる。

一方、今の日本は非常に平和だ。
夜中に街を歩いていても誰かに教われるなんてことは滅多に起こらないし、ましてや隣国が核ミサイルを保有したり砲撃練習を開始したとしても、まさか日本にミサイルが飛んでくることに現実的な危機感を感じることはほぼない。


単純に、戦争時代の日本は狂っていて、今の日本は平和で、比べれば今の日本はとてもいい国だと言える。
しかし、戦争時代の日本の考え方・行動の全てが間違っていたかというとそうでもないだろうし、今の日本の行動の全てが正しいかどいえばそれも違うだろう。
当時の日本から学ぶべき行動、取り戻すべき信念もあるはずだ。
特に、領土問題で近隣諸国との緊張が高まっている今、当時の日本の信念を取り戻して交渉に臨むことは、日本にとって有益だと思う。日本は戦後、アメリカの傘に入り、いつの間にかそのぬるま湯に慣れてしまった。
もちろんアメリカの傘に今後も入り続けることは悪い選択肢ではないが、その中でもう少し日本の自我を取り戻してもいいのではないだろうか。

当時の日本は、大東亜共栄圏という構想を掲げて東アジア・東南アジアに攻め込んでいった。
表向きの理由は、欧米諸国の植民地支配から東アジア、東南アジアを開放すること。
真の目的は、戦争を戦うために、戦争に勝つための燃料、つまり資源確保だと僕は思っている。

この行動全てが正しいとは思わないが、少なくとも自国の利益のために行動することは間違っていない。どこの国も軍事力を使って領土を拡大したり権益を奪った歴史はあるし、今でもそれを元に国が成り立っているケースもある。

戦争に負けてしまったからあの時の行動全てが間違っていたかのような印象を受けるが、国際社会のルールの範囲内で自国の利益を追求することはとても公平なことだし、今の日本にはその心が失われているように感じる。
今の日本には、当時の日本のような国益のための強硬な姿勢を少しばかり取り戻してもいいように思う。

別に僕は右よりでも左よりでもないが、戦争の歴史を振り返った時に純粋に感じたことを書かせてもらった。

================================
よりマーケットに近い情報を有料(30日で315円)で配信しています。
詳しくはこちらを参照して下さい。

Use trackback on this entry.
http://globalmacro.blog.fc2.com/tb.php/175-05ffc380

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.