Entries

予想よりタカ派だったFOMCとそれを押さえ込むバーナンキ

FOMCは総じて予想よりもタカ派の内容だった。一方で、バーナンキ議長の会見では、タカ派的内容から金利上昇、ドル上昇というマーケットの動きを抑え込む形で、追加緩和を辞さない旨の発言があり、マーケットは反転する格好となった。そのFOMCを振り返ってみよう。レートアナウンスメントは、波乱なく「金利据え置き」「2014年後半までの低金利維持を正当化する」という文言が据え置かれた。経済成長についてもmoderatelyという表現...